AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)について

AGA(男性型脱毛症)とは?

男性に最も多く見られる脱毛症で「男性型脱毛症」と診断されるものをAGAと呼びます。
AGAは、男性ホルモンや遺伝が関係するとされ、思春期以降に額の生え際や頭頂部に細くて短い髪の毛が多くなり、全体として薄毛が目立つようになる症状です。

AGAの脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。

成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。
十分に育たない、細い短い髪の毛が多くなると全体として薄毛が目立つようになります。
進行を抑えるためには、早めのケアが大切です。
日本でも、AGAの治療薬として内服薬が発売になり、当クリニックでも処方しています。

治療について

当院ではプロぺシア錠での治療を行っております。
プロぺシアはAGAの原因となるDHTの生産を阻害し進行を抑制します。

治療期間と効果の目安

治療期間 期待される効果
開始~3ヶ月 ・抜け毛の減少
・生え際にうぶ毛が目立つ
4ヶ月~6ヶ月 ・うぶ毛が太くなり、伸びる
・うす毛が目立たなくなりはじめる
・周囲の人に「増えた?」と言われる
6ヶ月~1年 ・明らかな抜け毛の減少
・後退していた生え際が前進する
・毛髪のボリュームを感じる
・4人に1人は、効果を実感する
・理・美容師に「増えた?」と言われる
1年~3年 ・うす毛が徐々に減る
・4人に3人は、効果を実感する
・それまでに改善がなかった部位でも改善
4年以降 ・改善した毛髪が維持される
ページトップへ