各種予防接種-診療科目

各種予防接種

乳幼児から大人まで接種できます。
(ワクチンによっては、年齢制限があります。)

  • おたふく
  • 水痘
  • サーバリックス(子宮頚がん)
  • アクトヒブ(Hib髄膜炎予防ワクチン)
  • プロベナー(子供用肺炎球菌)
  • ニューモバックス(大人用肺炎球菌)
  • 破傷風
  • A型肝炎
  • B型肝炎
  • MR
  • 三種混合
  • 二種混合
  • 日本脳炎 など

 

各種予防接種を受けられない方

  • ・心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気などで治療を受けている方
  • ・発育が悪く、医師や保健師の指導を継続して受けている方
  • ・未熟児で生まれ、発育状態の悪い方
  • ・風邪などのひきはじめと思われる方
  • ・予防接種後2日以内に発熱や発疹、蕁麻疹などアレルギー症状がみられた方
  • ・投薬を受けて体に異常(皮膚に発疹が出るなど)をきたしたことのある方
  • ・今までにけいれんを起こしたことがある方
  • ・過去に中耳炎や肺炎などを患い、免疫状態を検査して異常を指摘された方
  • ・ワクチンに含まれる成分(卵や抗生物質、安定剤など)のアレルギーがある方
  •  
  • ※上記内容に一つでも当てはまる方は一度ご相談ください。
  • 予防接種の予約の注意事項
  • (1)必ず事前予約が必要です。
  • (2)未成年の方の接種は原則保護者同伴でお願い致します。
  • ・特に中学生以下のお子さんは保護者同伴でお願い致します。
  • ・既婚者は保護者同伴の必要はありません。

 

インフルエンザ予防接種について

インフルエンザ予防接種のご予約を承ります。

<大人の接種費用>
 ・1回目:3,500円
 ・2回目:3,500円

<子どもの接種費用>
 ・1回目:3,500円
 ・2回目:3,000円

■インフルエンザの全般的な症状

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こります。
インフルエンザにかかった人が咳やくしゃみなどをする事により、ウイルスが空気中に広がり、それを吸い込むことによって感染します。
症状としては、普通の風邪に比べて全身症状が強く、気管支炎や肺炎などを合併することもあり、特に高齢者や慢性疾患患者は重症化することが多いのが特徴です。

  • ■予防接種を受ける事が出来ない方
  • ★本人の接種意思を確認できない場合
  • ★明らかに発熱のある方(37.5℃以上)
  • ★重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方
  • ★過去に、インフルエンザ等の予防接種、卵等によって、アナフィラキシーショック(じんましん、呼吸困難、血管浮腫等)を起こしたことが明らかな方
  • ★過去に、インフルエンザの予防接種で、接種後2日以内に発見の見られた人及び全身性発疹等のアレルギーを思わす異常が見られた方。
    ※接種日の翌日までに37.5℃以上の発熱があった場合
  • ★その他、医師が不適当な状態と判断した場合
  • ■予防接種を受ける際に、担当医師とよく相談しなくてはならない方
  • ★心臓、じん臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障がいのある方
  • ★ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいのある方

 

お子様へのインフルエンザ予防接種について

<小児へのインフルエンザ予防接種用法・用量>
・6ヶ月~13歳未満:接種回数2回、接種間隔約2~4週
・13歳以上:接種回数1または2回、接種間隔約1~4週

<接種費用>
・1回目:3,500円
・2回目:3,000円

ワクチン料金一覧

<おたふく>
6,000円

<水痘>
7,500円

<サーバリックス(子宮頚がん)>
16,000円

<アクトヒブ(Hib髄膜炎予防ワクチン)>
7,000円

<プロベナー(子供用肺炎球菌)>
10,000円

<ニューモバックス(大人用肺炎球菌)>
7,500円

<破傷風>
3,000円

<A型肝炎>
8,000円

<B型肝炎>
6,000円

<MR>
9,000円

<三種混合>
5,000円

<二種混合>
3,000円

<日本脳炎>
6,000円

<ロタテック(3回)>
10,300円

<ロタリックス(2回)>
15,500円

ページトップへ