検査・設備

検査・設備

- レントゲン撮影装置&CRシステム -

レントゲン撮影された画像はCRにて現像します。 デジタルデータですので、通常のレントゲンと異なり、廃液も出さず環境に配慮されています。
データはCRに保存され、 過去の検査データと現在のデータを迅速に比較することが出来ます。

レントゲン室

CRシステム


- 上部消化管内視鏡検査(「胃カメラ」)-

胃カメラ検査は正式には「上部消化管内視鏡検査」と呼びます。 カメラを口から挿入し、先端についている超小型のカメラで胃の様子を画面に映し出して検査を行います。

内視鏡は外径約5mm程と非常に細いので、麻酔などきちんとした前処置を行えば苦痛も少なく検査を受ける事ができます。

内視鏡

- 腹部超音波 -

超音波を発信し、そこから返ってくるエコー(反射波)を受信して、コンピュータ処理で画像化して診断するのが腹部超音波による検査です。

エコー

- 頸動脈エコー -

頸動脈エコーは頸動脈の動脈硬化の度合いを調べ、脳梗塞のリスクを評価する検査です。非常に安全な検査です。

- 心電図検査 -

心臓の電気信号をグラフ化し、心疾患の検査をする機器です。

心電図

- 尿素呼気試験法 -

ヘリコバクターピロリ感染について尿素呼気試験法での検査も可能です。 診断薬を服用し、服用前後の呼気を集めて診断します。

最も精度の高い診断法です。簡単に行える検査方法で、感染診断前と除菌療法後4週以降の除菌判定検査に推奨されています。

 

ページトップへ