液体窒素によるイボ治療

液体窒素によるイボ治療

当院では、液体窒素によるイボ治療(保険適用)を行っております。
予約が必要となりますので、ご希望の方はお電話でお申し込みください。

イボにはウイルス感染によるものと加齢変化(老化現象)によるものがあります。
ウイルス性のイボは手のひら、足の裏、指先、爪の周り、顔、頭などによくできます。
イボは治療しないで放置しておくと、別の部位に広がることもあるため、早めの治療と継続が大切です。
イボでお悩みの方はご相談ください。

液体窒素凍結療法について

液体窒素とは、-196℃の超低温で病変部(イボ)の細胞を凍結させることによってその組織を壊死させ、新しい組織に置き換える治療法です。
凍結と融解の繰り返しや、凍結する時間を変えることで、病変に与える組織障害の大きさを調節して治療していきます。
1~2週間に1回程度を目安に通院されると治療効果が高まります。

治療時間は、約5分程度です。
液体窒素凍結療法をおこなってから1週間くらい経過すると、少しずつ病変部がはがれるなど効果が現れはじめます。
治療後数日は赤くなり、水ぶくれになることもありますが、その後カサブタになりはがれて小さくなります。

ページトップへ